"/>

炭水化物ダイエット

炭水化物抜きダイエットの方法と効果と注意

投稿日:

スポンサーリンク


炭水化物による無理なダイエットは逆効果

炭水化物を食べないことで、
体重を減らしダイエットを成功させたいという人は多いようです。

しかしダイエットのためとはいえ、
やみくもに炭水化物を制限していると
逆効果になるので注意が必要となります。

炭水化物を摂取しないような極端なダイエット方法は、
体に悪い影響を及ぼすのでオススメできません。

効率的に脂肪を燃やし、
体重を減らしたいと思うなら、
脂肪燃焼のために寧ろ炭水化物は摂るべきです。

確かに炭水化物を摂取しない食事は、
一時的に体重を減らすことが可能ですが、
すぐにリバウンドしてしまいがちです。

体の中に蓄積されていた脂肪はそのままありますので、
ダイエット後に体重が戻り、
体質は変化していないこともあります。

効果の現れ方は早いですが、
ダイエット後も効果を維持できにくいことが、
炭水化物を減らすようなダイエットの注意点です。

せっかくダイエットしたのにも関わらず、
リバウンドしていたのでは、
ダイエット効果があったとは言えません。

一番オススメのダイエット方法は、
やはりバランスのよい食事をして、
摂取するカロリー量を調整することです。

この方法なら、空腹で精神的にもつらいという状況にならず、
体が必要だと感じている分だけは食べることができます。

ダイエット時の食事を減らし過ぎなければ、
食事を苦に感じることもなくなりますし、
長くダイエットを継続できるでしょう。

体にちょうどいい食事の量や栄養バランス、
食事のサイクルが身につけば、
ダイエットが終わってからも、
体型を保ちやすくできるでしょう。

炭水化物を抜いたダイエット方法について

食事を摂るときに炭水化物を
全く摂取しないというダイエット方法を実践している人がいます。

炭水化物ダイエットと呼ばれるこの方法は
元々糖尿病の治療のために行われていた食事療法でした。

現在では効果的なダイエット方法として知られるようになり、
多くの人が実践しているようです。

炭水化物ダイエットは、実践する方法を間違えてしまうと、
ダイエットに成功することが難しくなってしまいます。

炭水化物ダイエットは高い痩身効果が期待できますが、
実践する前には正しい知識を得て、
方法をしっかり認識することです。

何となく炭水化物を減らした食事をすればいいというダイエットをしていると、
リバウンドのリスクも高くなってしまいます。

体内に分泌されるインスリンというホルモンを少なくして痩せることが、
炭水化物ダイエットの主旨となります。

血糖値を低くするために、
インスリンは分泌され、
インスリンが分泌されることで、
脂肪が蓄積されやすくなります。

糖質を摂取すると、
人間の体はインスリンを分泌し、
インスリンが多く出れば出るほど、
体脂肪が溜め込まれていきます。

炭水化物を摂取しなければ、
インスリンが分泌されないために、
体内に脂肪が蓄積しにくい状態になるので、
ダイエット効果が期待できます。

炭水化物ダイエットをする時に大事なことは、
カロリーコントロールをきちんとすることです。

カロリーの摂る量が少なすぎると体によくありませんし、
糖質の摂取量さえ少なくしておけば、
ある程度カロリーのある食事をしても脂肪にはなりませんので、
基礎代謝分のカロリーは摂取しておきましょう。

スポンサーリンク


リバウンドをしない炭水化物抜きのダイエット

もしも、炭水化物抜きでダイエットを成功させた場合、
気になるのはmその後は
どのような食事をすればいいものなのでしょうか?

体にいいダイエットをしたい人は、
体重の増減はどのようなメカニズムで
成り立っているかを理解するよう努めましょう。

適切でない方法でダイエットをすると、
たとえ体重が落ちたとしてもそれは一過性にすぎず、
以前の体重に戻ってしまうことがあります。

世の中には多種多様なダイエット方法が知られていますが、
各方法ごとに痩せるメカニズムは異なっていますので、
きちんと確認することです。

食事メニューが大きく変わることが、
炭水化物抜きダイエットをする時に注意をしたいところです。

いつも食べている食事から糖質を制限した上で、
体脂肪が増えないように体を調節して、
ダイエットがうまくいくようにします。

食べ物から補給できる糖質が不足すると、
人体は不足分を補うために体内で糖質を作るようになります。

これが糖新生という現象です。

食事で補給し、血液を巡っていた糖質がなくなると、
活動エネルギーを確保するには体に溜め込まれていた脂質を分解して、
糖質に戻す必要性があります。

炭水化物ダイエットでは、
不足している糖質を補いために、
体脂肪を等質に変えるプロセスが必要になります。

ダイエット中は炭水化物を抜いていた人が、
ダイエット終了と同時に今までどおりの食生活になると、
体内に補給された糖質が最優先で使われるようになり、
脂肪が残りやすくなります。

ダイエットで目標体重に到達しても、
糖質を制限する状態はある程度続けることが、
リバウンド対策になります。

すぐに今までの食事に戻すのではなく、
体重の変化を観察しながら、
少しずつ糖質を多くしていくことです。

スポンサーリンク


-炭水化物ダイエット

Copyright© きれいに痩せるワン・ツー・スリー  , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.