"/>

ダイエット方法

食事制限だけで痩せるのは危険!

投稿日:

スポンサーリンク


食事を制限せずに痩せるダイエット法

ダイエットを成功させようとするあまり、
絶食すれすれまで食事の量を減らしたりする人が、
少なくないといいます。

食べたいと思っているけれども、
ダイエットを成功させたい一心で、
わずかな量しか食べていない人もいます。

極端に食事量を少なくするようなダイエットは、
一時的にダイエット効果があっても、
リバウンドのリスクが高い方法です。

無理は食事制限を続けていると、
体調を崩してしまう可能性があるので、
ダイエットどころでは無くなります。

カロリーを少なくするには、
食事の量を減らすより、
メニューを変えることでできる場合があります。

基本的な献立は今までどおりにして、
カロリー過多なものを
摂り過ぎないようにすればOKです。

そして主食は、お粥を食べるようにします。

お粥は水で体積を増やしていますので、
白米と同じ分量を摂取した場合でも、
十分な満腹感が得られることでしょう。

水に白米をプラスしてお粥をつくることができるため、
カロリーはその分減ります。

今後白米ではなく、お粥を食べるようにすれば、
摂取カロリー量を少なくすることが可能です。

お腹の満腹感はあるので、
無理な食事制限をした時のような、
食べられないことによるストレスを感じることはありません。

主食をお粥にすることで、
量をたくさん食べているような気にはなりますが、
実のところ水で量を多くしているだけですので、
カロリー制限になります。

ダイエット効率のいい食事をしたいという人は、
まずは白米をお粥に変えて、
ダイエットメニューを見直しましょう。

スポンサーリンク


ダイエットは食事制限だけでなく運動も大切

ダイエットは食事制限だけでなく、
運動を取り入れることで、
より効率よくダイエットできるようになります。

多くの人は、カロリー摂取量を減らすだけで
ダイエットをする傾向がありますが、
体を動かすことも重要です。

ダイエットの効果の現れ方は個人差がありますが、
運動をしっかりして、
食事も適量とったほうがいいこともあります。

いきなり食事を減らすと、
健康を維持するために必要な栄養が足りなくなって、
体調を損ねてしまうことがあります。

体が健康な状態を維持するためには、
最低限の栄養は必要になるので、
無理のある食事制限は禁物です。

最近は、炭水化物を一切摂取しないというダイエット方法がありますが、
体のためにはよくありません。

一時的に痩せるには効果のある炭水化物のダイエットですが、
長期間に渡って実践するダイエット方法ではありません。

ダイエットを成功させるためには、
食事内容を見直すことと、
適度な運動を続けられるようにすることです。

1日30分~1時間程度の運動時間をもうけましょう。

朝になったらジョギングをする習慣をつけるだけでも、
ダイエットに有効的なので、
もともと運動をする習慣がない人は、
体を動かすことが億劫に感じることもあるようですが、
毎日ちょっとずつ時間を延ばしていくといいでしょう。

ダイエットを成功させる秘訣は継続性なので、
途中で挫折することなく、
毎日こつこつ運動を続けて、
脂肪を燃焼させ続けていかなければいけません。

運動の効果が現れて、
体重に変化が認められるようになると、
継続することも苦ではなくなります。

軽い運動からスタートするのもいい方法です。

スポンサーリンク


ダイエットと食事の時間について

カロリー量や栄養のバランスに気をつけて
ダイエット食を摂取している人はたくさんいますが、
食事の時間についても注意が必要です。

食事をする時間が変わるだけでも、
ダイエットの効果に差が出てくると言われています。

ダイエット効果を期待して食事を改善する場合には、
時間帯にも配慮することがポイントになります。

前提として、ダイエットをしているからといって食事は抜かずに、
1日3回食べるよう心がけます。

食べるときには、内臓が活発に動く時間ごとに、
食事をすることが望ましいとされています。

肝臓は朝活発に動くため、
朝は消化のいい納豆や卵、
野菜やフルーツを積極的に食べていきます。

お昼ご飯には糖質を含む食事をすることで、
お昼過ぎに活動のピークを迎える肝臓が
機能しやすくなります。

すい臓は15時前後に活動が活発になるので、
糖質を含むおやつはこの時間帯で摂ることが理想です。

夜9時を過ぎると、体内臓器は活動を低下させることから、
糖質の摂取は以後は控えることで、
脂肪の蓄積を抑制できます。

夕食は、野菜にウエイトを置いた食事にするといいでしょう。

腎臓が夕方から活発になりますので、
それを利用する形になります。

それぞれの内臓の働く時間を考えて、
食事内容を見直すことによって、
効率的にダイエットを行なうことができるようになります。

食事の量や栄養バランスも大切ですが、
効果的なダイエットのためには、
食事の時間を決めることも重要なポイントです。

スポンサーリンク


-ダイエット方法

Copyright© きれいに痩せるワン・ツー・スリー  , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.