"/>

豆乳 豆腐 食事

豆乳ダイエットの効果と実践方法

更新日:



豆乳ダイエットは誰でも簡単にできる方法

運動や食事の内容を変えるようなダイエットは数多くありますが、
一つの食材だけで行うダイエットも人気です。

数あるダイエット方法の中でも、
飲むダイエットは簡単にできる方法なので、
誰でもすぐにはじめられます。

豆乳を飲むことで体重を減らすという、
豆乳ダイエットはどういった方法で行うのでしょうか?

豆乳の原材料は大豆であり、
大豆は低カロリーで栄養が多く、
ダイエットに適した食品だと言われています。

飲むことで体内に取り入れることができる豆乳は、
栄養を体の中にスムーズに吸収できることから、
たくさん飲まなくても十分に効果を発揮してくれます。

ダイエットに豆乳を用いる人が多いのは、
ダイエットをする時に役に立つ成分が
たくさん含まれていることもあります。

美肌効果が高いことも、
豆乳飲んでダイエットをすることが
多い理由の一つとなっています。

ダイエットをしながら美容にも効果がある豆乳ダイエットは、
女性にとってはメリットの多いダイエット方法ではないでしょうか。

大豆に含まれている大豆イソフラボンは
女性ホルモンに似た働きを持っていますので、
女性の健康状態からすれば、
非常に嬉しい食材といえます。

極端な食事制限やハードな運動をしなくても、
豆乳ダイエットは可能です。

確実なダイエットをするために食事や運動は
欠かせないことかもしれませんが、
豆乳ダイエットでは、食事や運動は
必ずしも必要というわけではありません。

毎日決まった時間になったら
豆乳を飲むというたけの豆乳ダイエットは、
気軽にできて、継続しやすいダイエット方法だといえます。

スポンサーリンク


豆乳を利用したダイエット方法について

ダイエットのために豆乳を飲むという方法は、
その手軽さが喜ばれていますが、
何時くらいに飲むといいのでしょうか?

豆乳を摂取するというだけの
簡単なダイエット方法ですが、
効率を上げるための工夫についてはいくつかあります。

女性ホルモンに近い性質がある栄養素として、
豆乳に存在する大豆イソフラボンがあります。

生理になる7日から10日前に
豆乳を積極的に摂取することで、
女性ホルモンの働きをサポートする豆乳の成分が
効果を発揮すると言われています。

女性の場合は程の間は、
欠かさず豆乳を飲むようにするのが、
豆乳ダイエットのポイントであり、
豆乳ダイエットの効率がアップするのは、
生理前1週間ぐらいに豆乳を飲むことです。

生理を目前にすると、女性の体内は
脂肪や老廃物の排出が滞りやすくなりますので、
体内に蓄積されていた老廃物は、
生理が終わった時からだ徐々に体の外に出ていきやすくなり、
1カ月で相殺されるという仕組みです。

そのため、生理が終わった頃にダイエットをスタートさせると、
大抵の方法は、比較的うまくいきやすくなります。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きが
活性化している生理の後が、
体脂肪の燃焼や消費の効率が最もよくなっています。

豆乳ダイエットの場合は、生理前に豆乳を飲むことにより、
余分な脂肪や老廃物を貯めこまないようにするのが得策です。

女性ホルモンであるエストロゲンは、
生理が終わった時に脂肪や、
老廃物の排出を促進します。

その時に今まで溜め込んでいた分も燃焼させて、
脂肪を減らすことが可能です。

スポンサーリンク


豆乳ダイエットを実践するときのポイント

もし豆乳ダイエットをするつもりなら、
使うべき飲み物は無調整豆乳です。

豆乳には、無調整豆乳と調製豆乳がありますが
ざっくり言ってしまうと無調整豆乳は丸大豆をしぼって
豆腐をつくる前の状態そのままのもので、
調製豆乳は、丸大豆や脱脂加工大豆に
調味料や食品添加物を加えたものです。

含まれている大豆固形分が異なるため
ダイエット効果にも影響があると思われます。

無調整豆乳の大豆固形分は8%以上、
調製豆乳は6%とJAS規格で分類されています。

無調整豆乳のほうが、カロリー量が少なく、
たんぱく質の量が多いですから、
ダイエットをしたいという人には向いています。

より大豆固形成分が少ない飲料については、
豆乳飲料という書かれ方がされています。

食前や間食時に豆乳を飲むようにしてください。

一度に200mlの豆乳を飲むことで、
ダイエット効果が期待できます。

豆乳に含まれているイソフラボンは、
女性ホルモンと似た働きをするため、
摂り過ぎは体によくありません。

長期間に渡って毎日欠かさず、
豆乳ダイエットをすると想定して、
飲む量を決めなければなりません。

内閣府の食品安全委員会は、
イソフラボンの平均摂取量の上限値の目安としては、
1日あたり70~75mgとしています。

無調整豆乳を飲んだ場合に、
得られるイソフラボンは45mgほどだといいます。

飲み過ぎて体に不調を来さないようにするためにも、
決まった量以上は飲まないようにしましょう。

豆乳だけでなく、納豆や豆腐など、
イソフラボンを含む大豆製品の摂取をしているなら、
無調整豆乳は200mlで事足ります。

スポンサーリンク


-豆乳, 豆腐, 食事

Copyright© きれいに痩せるワン・ツー・スリー  , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.