"/>

カロリー計算

ダイエットのカロリー計算や消費量について

更新日:

ダイエットのカロリー計算は簡単に

ダイエットをしようと思って始めようとする人にとって、
カロリー計算はとても面倒なことに感じます。

カロリーに関する知識を多少なりとも持っておくことは、
ダイエットを成功させるためには必須のことといえます。

確実に体重を減らしたいという人は、
手間がかかっても事前にカロリーについて知っておくことが、
ポイントになることでしょう。

それぞれの食材だけでなく、
砂糖や酒などの調味料やバターやごま油などの
油分も含めた上で、詳細な数字を出そうとする人がいます。

料理のレシピの段階からチェックしなければならないとあっては、
カロリー計算をしたいという意欲が
無くなってしまいかねません。

続けられるなら問題はありませんが、
1日3回やっていたら気力が尽きてしまうという人は、
ざっくりとカロリーを計算しましょう。

カロリー摂取量を把握するための
簡単なカロリー計算をするための方法があります。

個々の食材によって、80kcalがどのくらいかをわかるようにしておくことで、
カロリーの調節がしやすくなります。

一度の食事で得られるカロリーの量を把握できるようにしておくために、
80kcalのセットをつくってみます。

この80kcalのグループをつくるやり方は、
高血圧や、肥満体型の人が体に良いダイエットをしたいという時に使うやり方です。

牛乳コップ1杯、卵1個が80kcalになります。

ご飯は一膳で80kcalが2つ、
つまり160kcalという考え方で、
カロリーを計算することが可能になります。

1日1600kcal以下になるように献立を組みたい場合は、
80kcalのグループを20個分食べられます。

スポンサーリンク


糖質制限によるカロリーオフで行う簡単なダイエット方法

開始後間もなくダイエットへのやる気を失ってしまい、
体重を落とすことができないという人がいます。

期待通りの効果を得るためには、
最初の頃は何も変わらないとしても、
とにかく継続を心がけましょう。

徹底的に摂取カロリー量を落として
ダイエットをしようとすると、
身体への負荷が過大になりすぎてしまいます。

長続きするダイエット方法が見つけられない人、
ダイエットの必要性を感じながら
実行できずにいる人など状況は色々です。

ダイエットを成功させるためには、
どんな方法で実践するかを見極めることが重要です。

いくつものダイエットをしたけれど、
成功できなかったという人には、
糖質の摂取量を減らすダイエットが適しています。

少なからずの人がダイエットをしていない時でも、
食事からのカロリーを摂り過ぎないように意識しています。

適正カロリーの食事をすることは、
ダイエットをしていない時でも心がけたいことですが、
糖質のコントロールもダイエット効果を左右する重要な命題です。

カロリー量がダイエットの行方を左右することは確かですが、
それだけでなく、糖質量に配慮することもポイントになります。

一度の食事に含まれている糖質の量を知り、
それを減らすことを考えるほうが、
おやつを食べないことよりも効果的です。

ダイエットの効率がいい食生活をしたいならば、
糖質を減らしたメニューにするよう心がけましょう。

無理なく、長期間の取り組みで確実に体重を減らしていきたいという人は、
まずは糖質の少ないダイエット献立をつくることを考えてください。

スポンサーリンク


ダイエットは摂取カロリーと消費カロリーのバランスが大事

ダイエットに取り組むにあたって、
まずしなければいけないことは、
食事の量を減らし、カロリーの摂り過ぎは論外です。

1日に使うカロリーより、遙かに多くのカロリーを食事で摂取していると、
使い切れなかったカロリーは体脂肪になります。

体の中に入ってくるカロリーと、
使うカロリーのバランスがとれていれば、
太りすぎもしませんし、痩せすぎもしません。

食事で補給するカロリーより、
運動などで使うカロリーのほうが多ければ、
足りないカロリーは脂肪を燃やして補われます。

摂取カロリーから基礎代謝や日々の活動で
消費するカロリーを差し引いて、
余りが出たなら、それは多すぎるカロリーです。

基礎代謝を高くすることで、
消費エネルギー量を多くすることができますので、
ダイエットには有効的です。

1日に消費するカロリーを今よりも多くしたいなら、
基礎代謝の高い体質をつくることが重要ですが、
ダイエットというと食事改善や運動量ばかりに
目がいく人もいますが、体質改善によって
ダイエットに適した体になることも大事です。

ダイエット効果を高めることができる体質になることで、
食事や運動によるダイエットの効果がより出やすくなります。

10代の頃は基礎代謝は高いですが、
20代、30代となるにつれ基礎代謝は低くなり、
体脂肪は燃えづらくなっていきます。

せっせと運動を続けても、
食欲を抑えてカロリー制限をしても、
思うように体重が減らない時は、
基礎代謝を上げることを検討してみてください。

とにかく全力で食事を減らす、全力で運動をするといったダイエットではなく、
カロリーコントロールと基礎代謝の向上を考えたダイエットがオススメです。

スポンサーリンク


-カロリー計算
-

Copyright© きれいに痩せるワン・ツー・スリー  , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.